できるだけ リアルタイム・タップハウス 2.0

大阪市北区浮田にある印刷会社・タップハウスのブログ。 アメーバブログから引っ越しました。

タップハウスのホームページはこちら → http://www.tapphouse.com/

タップハウスのサイトにアップロードできなくなりました。

スマホサイトもできたので、あとは「作成中」のところを埋めていく段階に入ったタップハウスのサイト。

 

大阪市北区の印刷会社 タップハウス 製本もデザインもできる おすすめ」

http://homepage3.nifty.com/tapphouse/

 

まずは、途中までアップしてて、残りが簡単にできそうな「週刊かべ新聞」のページに手をつけました。

 

大きなサイズの「週刊かべ新聞」をだいたいA4サイズにして、それをPDFにしてからアップロード。

そしたら、途中でエラーがでました。

 

ん?

 

何がエラーになっているかというと、第30号がアップできなかった様子。

容量が10MB以上あったからかな?

それとも、Adobe DreamweaverFTP機能を使っていたのが悪かったのかな?

 

原因はわからなかったのですが、昔アップできていた、MacOS9.2からFetchを使ってアップしてみることにしました。

 

アップするのは第30号だけ。

他の号はアップできていたので、えいや、と第30号をFetchのダイアログの中に、ドロップアンドドラッグしました。

 

そうすると、すぐに、パキッって音が鳴る感じで、はじかれました。

出てきた説明のダイアログは、容量オーバー。

 

う、しまった。

ようやく、気づきました。

 

タップハウスのサーバーが容量オーバーしていたんです。

 

   ●

 

タップハウスのサイトは、ニフティさんの中にあります。

それも新規募集をしていない「アットホームページ」ってところの中。

 

思い起こせば、タップハウスのサイトって、今まではほとんどトップページの一部(カレンダー)しか更新していませんでした。

なので、容量もそんなにたくさん必要ありません。

さっき、調べてみると、タップハウスのサイトの容量の上限は、100MB。

 

なんたること。

230MBのMOより少ない。

(「MO」がなんたるかの説明が、最近は必要ですが)

 

そりゃあ、「週刊かべ新聞」のPDFを40個くらいアップすれば、容量オーバーになるはずです。

(「週刊かべ新聞」のPDFは、印刷してもきれいなように、「x/1a」の仕様でPDF化していました)

第30号ひとつだけで、10MBを超えているのですから、そりゃぁ、仕方ないです。

 

   ●

 

なので、「週刊かべ新聞」のPDFを全部「最適化」して、容量を小さくしました。

その分でアップし直してみると、サーバーのディスク使用容量は45MBになりました。

 

よかった、よかった。

(まだ55MBもある)

 

なので、これから、「週刊かべ新聞」のページの容量を書いているところを変更していきます。

 

(T)