読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できるだけ リアルタイム・タップハウス 2.0

大阪市北区浮田にある印刷会社・タップハウスのブログ。 アメーバブログから引っ越しました。

タップハウスのホームページはこちら → http://homepage3.nifty.com/tapphouse/

「G+1」に「1」ってついているのは何?

タップハウスのホームページ。

 

大きな声で言ってもいいのですが、HTMLとかわからないままに作っています。

(逆に言えば、そんな私でもAdobe MUSEならホームページを作れる)

 

で、今、トップページにも半透明の文字を入れたので、全体が崩れていないかチェックしました。

 

そしたら、一番下に入れているTwitterとかFacebookで「いいね」を入れてもらえるところ。

「G+1」のところがなんと、「1」ついているではありませんか。

 

ありがとうございます。

 

でも、HTMLをわからない私にとって、その「G+1」ってなんですか?

 

GだからGoogleさんのような気がするのですが、Googleさんのどこで「1」つけていただいているのかが、全くわからない〜。

 

   ●

 

ぼちぼち、探索してみます。

 

(T)

Adobe MUSEでこんな透明の処理も簡単にできた。

久しぶりにAdobe MUSEネタ。

 

タップハウスの「印刷同業者価格」のページ。

 

キャンペーン期間が過ぎたので、わからないようにしたい。

でも、いつか復活するので、残すことは残しておきたい。

 

という悩ましい問題に直面していました。

そういう時は、何もしない、ってことにしていたのですが、

「できれば、残しているページの上に、注意書きが書けないかな」と思っていました。

 

で、できました。

それも簡単に。

このページです。

 

「タップハウス-製本もデザインもできる大阪市北区の印刷会社同業者価格」

http://www.tapphouse.com/sitauke.html

 

わお。ぶらぼー。

この感じです。

 

元の文章の上に、透明の文字を置く。

これがしたかった。

 

   ●

 

やり方は簡単。

Illustratorと一緒です。

下の文字の上に(下でもいいかも)、重ねたい文字ボックスを作って文字を書く。

 

「現在、ご登録はできますが、
 下請け価格表の
 キャンペーン期間が過ぎたため、
 公開はしていません。」

 

のオレンジ色の文字です。

そこで下の文字を見せたいので、透明度を設定。

 

その透明度。

どこで設定するのかと思って、「スクロール効果」って選ぶところがあったので、そこの不透明度にチェックを入れて70%にしたら、文字が見えてきませんでした。

 

あれ?どうしてだ?

 

と思って、下にカーソルをスクロールすると、ほわん、と70%の半透明になった文字が浮かんできました。

 

けど、これじゃないのです。

 

最初っから半透明になった文字が見えてほしいんです。

 

で、探してみると、簡単に見つかりました。

 

テキストの文字を選択するのじゃなく、テキストボックス全体を選択すると、一番上のバーに、「効果」っていうのが出てきました。

そこを「70%」にすると、はいできあがり。

 

あのページのように、半透明の文字になったのでした。

 

   ●

 

よかったよかった。

これで一安心。

ゆっくり明日からのお盆休暇に入ることができるのでした。

 

(T)

「tapphouse.com」がトップに出てきた。うれしー。

f:id:tapphouse:20160809114506p:plain

 

ついに、というか、やっと、というか。

 

「タップハウス」と検索して、ようやく「tapphouse.com」のサイトがトップに出てきました。

 

長かった。長かった。

あれからもう早、うーん、何日だろ?

 

とにかく今日は、「tapphouse.com」記念日ですね。

 

やっぱり、Twitterとかのリンクを変えたのがよかったのかな?

Twitterのところも3つ目に上がってきてるし。

(2つ目は東京のタップハウスさんですね。東京に行くことがあれば、いつかお邪魔しないと)

 

これでようやく、心置きなく、サイト全体を更新できます。

(と言っても、もう更新するところはないんですけど)

 

(T)

タップハウスの夏期休業は8月11日(木)〜15日(月)です。

まいど、おおきにです。

 

今年もタップハウスは夏期休業をとらせていただくことになりました。

 

その期間に印刷の注文したかったのに〜!

 

と、おっしゃってくださる方がいらっしゃったら、ハグしたいくらいです。

 

ですけど、暑いし、そんな人はどこにもいないので、ハグは中止ということで。

 

で、「ハグ」ってなんですか?

何の略なんでしょう?

 

と思っていたら、今、オリンピックもしていますが、TJARもしているのですよ。

「TJAR」。

これも略称です。

「トランス・ジャパン・アルプス・レース」と言って(確か)、日本海から太平洋まで、北アルプス中央アルプス南アルプスと走り抜けるという大会です。

 

4年前の大会をNHKさんが放送されて、その時に知ったのですが、これがまたすごい大会でした。

スタート地点が日本海ですから、海抜0メートルから、日本の最高峰みたいな山々まで登り(しかもいくつも)、そして最後は太平洋の海抜0メートルまで一気に走り抜けるんです。

 

あまりにも厳しい大会なので、2年に1度しか開かれていません。

今年はその2年に1回の年。

 

2年前は台風以上の暴風雨の中を、選手のみなさんは走り抜け、太平洋を目指しました。

今年の大会はものすごく暑いらしく、「灼熱地獄」と表現されている選手の方もいらっしゃいます。

 

今年の大会に参加されている方は、20人ほど。

予選や試験が厳しい参加資格を乗り越えたすごい人たちです。

今も、走っておられます。

 

どこを走っておられるかは、今年もTJARさんのホームページで見られます。

 

こちら。

 

「TJAR 2016 GPSラッキングさん

http://www.tjar.jp/gps/gmap.php?e=20160807a&maptype=cj4

 

Facebookでは、刻々の情報をアップしてくださっています。

こちら。

 

「Trans Japan Alps Race (TJAR)」さん

https://www.facebook.com/Trans-Japan-Alps-Race-TJAR-209247919169914/?fref=ts

 

どれくらいすごい大会かというのは、どこを走っておられるかが見られる地図の全体が見えるようにしてもらえればわかってもらえると思います。

 

   ●

 

9月にはNHKのBSさんでこの大会のことを放送するみたいです。

 

オリンピックと高校野球と、このTJAR。

 

今年の夏期休暇は、応援することだらけです。

 

(オリンピックの女子マラソンでは、伊藤舞さんを応援しに、奈良市役所に行く予定です。初のパブリックビューイング、どんなだろうなぁ)

 

(T)

富士ゼロックスのプリンターのサーバーをちょっとやってしまったか。

今日は土曜日。

交代で出勤の日。

 

少し仕事が落ち着いているので、Macやプリンターのメンテナンスをする。

 

が、プリンターのサーバーで問題発生。

 

再起動したら立ち上がらない。

モニターの画面が真っ暗。

 

なのに、サーバーの本体についている小さな画面にこんな表示が。

 

「エラー サービスガカイシサレテイマセン」

 

エラー、サービスが開始されていません。だとー。

 

よく見れば、その画面の右横のERRORのランプがオレンジ色に点滅している。

ネットで調べて見る。

 

どこにもそんなこと書いてない〜。

 

   ●

 

こういう時、ネットでいろんなことが書いてあるけど、肝心なことは書いていないことを再確認する。

 

仕方がないので、ゼロックスさんに電話。

今日はメンテナンスの人が休みなので、対応は月曜日になるという。

まぁ、それは仕方がないので、月曜の早めでお願いします。

 

しかし、プリントしたいものあり。

さあ、どうする?

原因は?

 

   ●

 

思い当たることはただ一つ。

サーバーを立ち上がる前に、「エラーチェック」をクリックしてたこと。

 

「エラーチェック」とは何かというと、みなさんご存じの、

 

マイコンピュータ」

  ↓

「プロパティ」

  ↓

「ツール」

  ↓

「エラーチェック」

 

のこと。

この「エラーチェック」のところのチェック欄を2つともチェックして、プリンターのサーバーを再起動したのでした。

 

   ●

 

会社にあるそのプリンターは、富士ゼロックスさんのオンデマンド印刷機「DC5656P」。

 

その説明書を探そうと、富士ゼロックスさんのサイトを見るけれど、販売用のカタログしかない。

 

そうだ。

説明書は、サーバーの中にPDFで入っているんだったけ。

 

と思うが、サーバーはただいま「エラー サービスガカイシサレテイマセン」中。

 

なんてこった。

 

   ●

 

そして、こういう事態になってから、ネットを再びチェック。

 

「エラーチェック 時間」で検索。

 

すると、エラーチェックする時に、チェックするところは2つあるのだけれど、2つともチェックすると時間がかかるという説明がどばどば出てくる。

 

やってしもたがな。

2つとも、チェックしたがな。

 

   ●

 

プリンターのサーバーを強制終了。

そして、もう一度立ち上げ。

(このことは、富士ゼロックスさんに電話する前にしていた)

 

別のWindowsのパソコンで、同じようにエラーチェック開始。

ヒューズ4くらいで4パーセントから動かず。

これはもしや。

(←いまここ)

 

の状態だったのですが。

 

なんと、なんと、

 

立ち上がりましたー。

 

   ●

 

別のWindowsのパソコンや、ネットで調べたことを読んで、これはもしや、エラーチェックに時間がかかっているだけかも?と想像。

 

気長に待つしかない。

 

と心に決めて1時間くらい経ったら、勝手に立ち上がって、いつもの画面になりました。

 

   ●

 

今回の教訓。

 

富士ゼロックスさんのプリンターのサーバーで、「エラーチェック」をする時は、2つあるチェックのうち、上のチェックだけすること。

 

それともう一つ。

再起動して、画面が真っ暗になって、サーバーの小さなディスプレイに「サービスガカイシサレテイマセン」とカタカナの冷たい文字が出ても、気長に待つ。強制終了はしない。

 

ということを学びました。

 

人間、失敗から学んでばかりですね。

 

(T)

 

 

Google アナリティクスのキャプチャーを簡単にとる方法。

今まで悩み倒しました。

 

Google アナリティクスの「オーガニック検索」のキーワードを一覧を全部キャプチャーしたい。

なのに、キャプチャーソフトで、「ページ全体をキャプチャーする」ところをクリックしていも、見えているところしかキャプチャーできない。

他のサイトだったら、できるのに。

 

そう思っていて、今までは、見えている範囲をスクロールでずらしながらキャプチャーをとってました。

でも、今日、ふと解決しました。

 

ここをクリックすれば、画面に見えていないキーワードも一覧でキャプチャー、というか、PDFに書き出せたのです。

 

それは、こちら。

 

f:id:tapphouse:20160805164149p:plain

 

Google アナリティクスの「オーガニック検索」の上の方にある「エクスポート」。

ここをクリックすればいいのです。

クリックすれば、こんなのが出てきます。

 

f:id:tapphouse:20160805164241p:plain

 

エクセルなんかの表ソフトで編集したい人は、「CSV」とか「Excel(XLSX)」で保存すればいいと思うのですが、私は単純に全体が見られればいいので、「PDF」をクリック。

 

するとあら不思議。

A4サイズのPDFに、下にスクロールしないと見えないところもきちんと入っているではないですか。

 

もちろん、A4サイズに収まらない、ながーいものでも、ページが増えるけれども、全部A4サイズの紙でプリントできます。

 

知らなかった。

 

誰も教えてくれなかった。

というより、ネットで検索かけたけれど、そんなこと書いているところは見つけられなかった。

 

あー、これで、あっという間に、資料作成の準備ができます。

 

とりあえず、自分のための防備録として、残しておきます。

 

(T)

検索結果といたちごっこ。

いたちごっこ、って見たことありますか?

 

私は見たことがあります。

それも、タップハウスの社長と一緒に。

 

タップハウスの北側は小さな児童公園です。

ある日、そこの公園に動物がいると(確か)社長から教えてもらい、窓から見ていました。

そうすると、その動物は細長くてふさふさしてて、ネコではないようす。

見ていると、その動物は1匹だったのか、いつの間にか3匹になり、追っかけあいを始めました。

1匹はもう1匹のしっぽをつかもうとし、しっぽを捕まえられそうな1匹は別の1匹のしっぽをつかもうとし、その別の1匹は最初の1匹のしっぽを捕まえようとし…。

3匹が円を描くように、ぐるぐるぐるぐるまわって追っかけあいをしていました。

まさに、あれこそは、いたちごっこだ、と社長とうなずきあいました。

 

   ●

 

まぁ、そんな「実録いたちごっこ話」はさておき、タップハウスもいたちごっこ状態に入ったようです。

そのもう1匹のいたちはGoogleさん。

 

見てください、これ。

 

f:id:tapphouse:20160804161005p:plain

 

なんなんですか、これは。

 

もうとっくの昔に消えていたニフティさんのサイトが復活し、トップにきています。

だもんで、そこをクリックすると、

 

f:id:tapphouse:20160804161203p:plain

 

こんな感じのページに飛んで、そこからまた、ニフティさんの仮のページに飛ぶことになってしまいました。

 

ニフティさんの仮のページを検索結果に出さないようにしようとしたのに、逆に今まで出ていなかったページが復活することに。

 

なんてこった。

 

   ●

 

仕方がないので、このページを出さないで、とGoogleさんに頼んでみました。

こんなふうに。

 

f:id:tapphouse:20160804161437p:plain

 

はてさて、どうなるのやら。

 

(T)